防水型(単層・複層)仕上げ

外壁塗装された被膜は、下地を保護することができるものになっていなければいけません。ですが、下地は常に同じ状態を保つことができるわけではありません。気温や天候などさまざまな要因で膨張したり収縮したりしますので、塗膜に亀裂が入ってしまうことも珍しくありません。

表面の塗膜に亀裂が入ると水分が入り込んで下地を保護することができなくなります。そのため、主材には被塗装物にひび割れが起きた場合でもそこから破断することのないない防水特性(ゴム弾性・ひび割れ追随性)を持たせています。このような防水性能のあるエマルジョン樹脂を含む塗料を「弾性塗料」と呼び、中塗りと上塗りで異なる塗料を用いる場合は「複層弾性塗料

といいます。複層弾性塗料は、新築の塗装で利用されることが多いです。

対して、中塗りと上塗りに同じ塗料を使う場合を「単層弾性塗料」といいます。

単層弾性塗料のひび割れ追随性は、複層のおよそ半分程度にとどまりますが、防カビ、防藻、低汚染等の機能を備えたものもあり、塗り替え塗装で使われることも多いです。

単層弾性塗料は販売元が塗りの厚さを指示していることが多いですが、この厚さで塗ると下地のパターンがなくなってしまうという問題点があります。

そのため、模様を残す外壁を塗り替える際は、弾性度・耐久性の高いものを使う必要があります。