仕上げ塗り外壁の劣化現象

仕上げ塗り外壁には、さまざまな劣化現象が起こります。

空気中の塵や鉄サビ、油脂類の付着、カビ菌の繁殖による汚れ、基材のエフロレッセンスによる汚れのほか、紫外線・雨水による劣化が引き起こす主要素の変退色、添加剤が変質して起こる光沢の低下や顔料の退色があります。

また、紫外線・雨水その他の化学物質の影響で主要素の鎖が分断されると顔料等が析出し、チョーキングを引き起こすことがあります。紫外線等による表面塗膜の劣化や、主材自体の劣化が原因で起こるひび割れも代表的な劣化現象といえます。

これだけでなく、塗膜下に空気や水を吸い込んで浮き上がってふくれる「ふくれ」、塗膜の付着力が低下して下地から剥がれる「はがれ」といったものもありますので覚えておきましょう。

外壁塗装の塗り替えの場合、劣化しているのがトップコートだけであればトップコートの塗り重ねで対処できるのでそれほど大掛かりな作業にはなりませんが、下地から劣化しているときは劣化した箇所をすべて撤去してから再度仕上げをすることになります。

つまり、外壁の塗り替え費用は下地の状態によって大きく上下するということです。したがって、塗り替えにあたっては下地を診断することがとても重要です。