塗装業界と悪徳業者

リフォーム業界の悪徳業者といえば、塗装業がその筆頭に挙げられることも少なくありません。外壁の塗装は本来10年以上の耐久性を有しています。しかし数年で剥がれ落ちてしまうこともあり、その原因は塗装前の洗浄が不徹底であることや、外国製の安い塗料の使用に求めることができます。問題は、消費者がそうした手抜きを、工事完了直後に見破れないことにあります。塗装工事の手抜きには際限が無く、例えば1000万円請求された工事が、実際には50万円相当の出来だったということも起こり得ます。しかし相場が無いわけではありません。ペンキ等の塗装材料費、人件費、手数料等は乱高下することが考えにくいからです。要は塗料や業界の手数料の相場に関して、消費者が全く勉強していないことに起因し、悪徳業者が蔓延っていると言えるのです。

塗装業界の営業は手練手管の限りを尽くします。悪徳な営業は必ずしも自社のためだけに契約を取ろうとせず、漕ぎ着けた契約を同業他社に横流しすることもあります。自社から固定給さえ受け取ることができれば、社内の評価や営業成績等は気に掛けないのです。彼らが自社の昇給よりも契約の横流しに心血を注ぐのは、業界の営業が歩合制であることが影響しての振る舞いです。一件の契約で20~30万円を受け取るのが通例なので、事実上の「フリー」で稼いだ方が実入りも大きいのです。このような悪徳営業の口車に乗って契約すると、想定外の工事に終始することが少なくありません。何故なら彼らは稼ぐこと以外に関心は無く、肝心の塗装の知識をほとんど持ち合わせていないからです。

事ほど左様に、塗装業界の営業には気を付けなければなりません。しかし誠実な営業も多いので、清潔感、話しぶり、勉強の程をしっかり見極めてから依頼するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です