枠組壁構法の外周壁

枠組壁構法の外周壁では,カビ発生の心配は少ないといえる。合板やせっ こうボード等の面材で、壁パネ/レを作成し,壁パネルで躯体を構成していくという構法であるために,木造軸組構法に比べると床や壁などの納まり部分にすき間が生じにくい。したがって,気密性とともに防水性や防湿性も確保しやすい。ただし,外部から雨水が万一浸入した時は,その 対策を考えておかないと逆に事故も発生しやすいと言える。

低層から中層の鉄骨造では, ALC版で壁を構成することが少なくない。外周壁の場合はプラスターやモルタノレ系で仕上げることが多くなり ,カビの発生は北側に面しない 限り心配する必要はない。ただし, プラスターやモルタル自体の変色には注意が必要である。

特に,北側に面する場合とせっこうボードをダンゴ張りする場合には事故の発生する可能性が高くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です