塗膜として残る成分

塗膜として残る成分を一般に塗膜要素といい,この塗膜要素は,塗膜主要素,副要素とを総称して展色材(ビヒクル)という成分と顔料とに分類される。

塗膜主要素

塗膜主要素は塗膜形成主要素ともいい,塗膜を形成する結合材であり,塗膜の性能を決定づけるもので,一般に油類とか合成樹脂類によって代表される。塗料の基本的な分類は,この主要素である油類や合成樹脂類の種類によってつくられる。

油    類

塗料に用いられる油類は植物油で,空気中の酸素と反応し乾燥する性質をもっ乾性油が用いられる。

油を単独で加工したのがボイル油で,これに顔料を加えたのが油性ペイントや油性調合ペイントといわれるものである。

油に天然,加工そして合成樹脂を加えて加熱などで反応させたものが一般にいわれる油性ワニスで,これに顔料を加えたものが油性エナメルとなる。一方,油と他の成分とを反応させ合成樹脂を重合させたものの代表が,建築用塗料の代表となっているアルキド樹脂であり,この樹脂を用いて,油の量が多い樹脂が一般に合成樹脂調合ペイントとなり,油と他成分とがほぼ同量の樹脂を用いたものが,フタル酸樹脂エナメルといわれるものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です