劣化程度の判定

鉄面に塗装された塗膜の劣化について塗膜自体の劣化と保護機能の低下による素地である鉄面の腐植の両面を中心に判定しなくてはいけません。塗膜の劣化の程度を示すデグリーと補修が必要かどうかを判定して作業に入ります。劣化現象の種類によってその重要性が異なり、保護機能の低下や鉄面の腐植を生じている劣化現象など色々と対応しなくてはいけない。錆の発生も塗装工事に入る前にチェックが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です