プライマー

外壁塗装において、プライマー選びは大切です。

外装材においては通常、工場で焼付け塗装された材料が使われています。そのため、塗り替えの場合、既存の表面仕上げ材を調べた上で適切なプライマーを選択し、密着性を保つことが欠かせません。下地と中塗り塗料の両方に確実に付着するだけでなく、下地の膨張や収縮にも対応できる付着性があることが必要です。

塗料用のプライマーは、代表的なものにエポキシ樹脂プライマーと塩化ビニル樹脂プライマーがあります。どちらでも良いというわけではなく、上塗り塗料との適合性を重視し、塗料メーカーが推奨する塗装仕様に即したものを使いましょう。

金属の表面が平らでなめらかな場合は、塗膜の付着性が大きく低下するため、表面性を改質する必要があります。中でも亜鉛メッキ鋼板の場合は、亜鉛と油変性系の塗料が反応により、塗膜がはがれてしまうことも。

このような現象を避けるためには、金属の表面を改質して付着性を高める働きのあるエッチングプライマーを使うのがおすすめです。このプライマーにはリン酸等が含まれており、リン酸によって金属の表面を粗くしつつ、バインダーとなる物質を生成して付着性を高める効果があります。

エッチングプライマーには、アルミニウムや亜鉛メッキ製品を比較的短時間で仕上げる時に使う1種と、大型構造物等のケレンを行った後に使う2種があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です