塗装のノウハウ

航空機の場合、非常に、早い速度で移動することが多いため、万が一上空で塗装が剥げてしまったりした場合には、剥げた塗装が、どこかに当たったり、エンジンに吸い込まれたりしてしまえば、一大事になりかねない、非常に慎重なものである、というふうに考えていいかもしれません。それくらいに、非常に繊細で細かな配慮が必要となる部分において、一体どのように、塗装が行われているのか、ということはあまり知られていないのではないでしょうか。現代では、コンピューター上で、このような塗装に関する試験ができるようになってきている、という風に言われており、実際に実験などをして、高温の状況や高速で移動するという状況に、正面が耐えられるかどうか、ということをきちんと確かめなければならない、という風に言われているわけです。当然のことながら、車や、飛行機の塗装というものは、1度、ペンキを塗ればよいというものではなく、下塗り、中塗り、上塗り、の三つの層によって分けられているわけで、何度も何度も、塗装を行うことで、しっかりと、付着させることができる、という風に言われておりますが、飛行機ほどの高温で、高速の物体を塗料で守るためには、細心の注意を払わなければならないということは、間違いなく言えるかもしれません。実際に、どのような塗料が、航空機を塗るのに適して、どれくらいの期間をかけて、塗料を用いてペインティングしていくのか、ということについて、ある人に話を聞くと、車のように、焼き付けて塗装をする、ということができないという点が、一つ、難しいという風に、入っているようです。確かに、焼き付けてしまえば、その部分はよほどのことがない限り、塗装が剥げたりしてこないわけですが、航空機のような、大きな機体である場合には、焼き付けること自体が、非常に困難である、というふうに考えられているようで、車などとは、全く違う事情があるという風に、確実にいえるのではないかと考えられるようですね。


塗装と車両・機体

当然のことながら、電車を塗装する際には、300 km 程の速度に耐えられれば、なんとかなるというふうに考えられている場合も多く、車体が温度を上げるということになったとしても、日常生活で耐えられる温度を想定すれば良い、というふうに考えられていることが多い、という風に言われているわけですが、航空機においては、決して、そのようではありません。当然のことながら、航空機の場合には、空気の抵抗を受けるほか、音速で飛ぶ場合もあるため、航空機の機体の温度が、計り知れないほど上がる、という場合もある、という風に言われております。とりわけ、高速旅客機などの場合には、塗装にも、非常に慎重に、気を遣わなければならないという風に、言われているようです。そして、最も気温が上がる場合としては、着陸時に強い空気の抵抗を受けるなどして、摩擦によって、高温になってしまい、航空機自体の温度も上がる、というようなパターンが、一般的であるようです。これを、塗装の面から見てみると、電車のように、日常生活でありうるレベルの温度に耐えられれば、良いというわけではなく、想定もできないような、高い温度にも、しっかりと耐えられるように、塗装を行わなければならない、という点は、やや難しいというふうに考えられるかもしれません。どうしても電車は、300キロほどで走行するものの、飛行機は、それの倍以上の速度で動くことが多いため、それに耐えうるような塗装でなければならない、というふうに考えられるでしょう。