枠組壁構法の外周壁

枠組壁構法の外周壁では,カビ発生の心配は少ないといえる。合板やせっ こうボード等の面材で、壁パネ/レを作成し,壁パネルで躯体を構成していくという構法であるために,木造軸組構法に比べると床や壁などの納まり部分にすき間が生じにくい。したがって,気密性とともに防水性や防湿性も確保しやすい。ただし,外部から雨水が万一浸入した時は,その 対策を考えておかないと逆に事故も発生しやすいと言える。

低層から中層の鉄骨造では, ALC版で壁を構成することが少なくない。外周壁の場合はプラスターやモルタノレ系で仕上げることが多くなり ,カビの発生は北側に面しない 限り心配する必要はない。ただし, プラスターやモルタル自体の変色には注意が必要である。

特に,北側に面する場合とせっこうボードをダンゴ張りする場合には事故の発生する可能性が高くなる。


断熱と結露防止

断熱を施すということは,まず第一に冷暖房のためであり,室内からの熱ロスとそこへの熱負荷を少なくするためであるが,結露防止のうえでも重要である。つまりそれは結露の原因となる温度差をなくすことでもあるからだ。

ところが,それは確かに表面結露をなくすことには有効で、はあるものの,内部結露という,やっかいな被害をかえって増大させることにもなってしまう。壁体内の断熱材を通過した水蒸気は,その外側で,つまり外壁によって冷やされ結露する。いったん結露した水は,蓄積され, ときに応じて水蒸気圧の相対的に低くなる室内側に向かつて動き,そこに毛細管現象も加わって,断熱材をビジョビジョに濡らしてしまう。

寒冷地などでは,さらにその水が凍結して被害を広げているようだ。こうした被害は,室内の仕上げを不透湿にしたり ,仕上げ材のすぐ内側に防湿層(ペーパーバリア)を設けたり,二次被害を防ぐために断熱材を不透湿のものとしたり ,あるいはそれを不透湿のフィルムで包んだり ,そしてさらには外壁側に水蒸気を外に逃がすための通気層を施すなど,地域特性を考慮した構法を工夫することによって,ある程度の解決はなされている。とはいうものの,この断熱の方法も,結露防止の実際的観点からすると,まだ完成されているとはいえないようだ。

つまり ,熱貫流率が同じ壁構法であってもその室内と屋外との温度勾配ができるだけ緩やかな方が結露は生じにくいので,断熱性能が高くて薄い断熱材を用いるより,多少性能が劣っても,壁体内全体に厚く充填して,結果として同じ貫流率となる構法の方が,局部での温度差=飽和温度差は生じにくい。断熱構法に加え,外装を透湿性のあるものとし,室内側から水蒸気が屋外へとスムーズに排出されるなら,かえって防湿層,そして場合によっては通気層さえ,設けなくてもよい理屈となる。結露防止の面のみ考えるならば,それは有効な調湿装置とさえいえよう。

もちろん,地域差を十分に考慮する必要があるし,十分な壁厚や,確実な外気への放湿が前提となる。しかも現実的には,結露防止にとって,とりわけ弱点となる断熱材の片寄りやすき間は避け難いし,防水と透湿を両立させる外装も少なく,通気層も確実性があまり高くない。また防湿層そのものも ,コンセントボックスなどによって,そのバリアが容易に破られ,わずかなすこのように実際問題として,断熱や排湿,さらには防湿の完壁な構法が期待し難いことを考えると,やはり防湿層を設けると同時に,温度勾配の緩やかな断熱を併用するという慎重さが必要であろう。

こう考えると室内側で飽和水蒸気透湿性を高目に,断熱性を低目に,屋外側で透湿性を高目に,断熱性を高目にとることが,ひとつの理想かつ現実的なモデルとして考えられる 。コンクリート造の建物では,断熱を壁の内側で行うか,外側で行うかで微気候の調整の仕方,すなわち,冷暖房の考え方が違ってくるが,結露の生じ方にも大きい違いがでてくる。