油性塗料とは

油性の外壁塗装はラッカーうすめ液をつけ、サンドペーパーでこすると、塗膜がはがれます。ただし、プラスチック素材の物場合は溶けてしまうので、この方法は使えず、調べることができません。また、ツヤのある油性塗料の上に水性塗料を塗る場合、弾いて塗りにくいことがあります。そんなとき、240番くらいのサンドペーパーをかけると塗りやすくなります。廊下や板の間など室内でよく使われる油性ニスはこの方法で調べることはできません。また、ラッカーもラッカーうすめ液を含ませた布でこすると、塗膜が落ちます。