一般的に塗料の塗膜の厚さは3040μとなっていますが、外壁塗装の吹付仕上げにおいては、これよりも厚くなります。

吹付け仕上げはコンクリートやモルタル、プレキャストコンクリート板、ALC板の下地に対し、数ミリ以上の厚さになるように塗るのが常識です。

JIS規格では、厚さ3ミリ以下を「薄付け仕上げ塗り材」、厚さ15ミリを「複層仕上げ塗り材」、厚さ410ミリを「厚付け仕上げ塗り材」と定めています。

こういった仕上げ材には、塗料でいうところの「ビヒクル」と同じような役割を担う結合剤としてセメントや珪酸(シリカゲル)、合成樹脂エマルジョン等が含まれています。これに骨材や顔料、添加剤を配合し、外壁表面にさまざまな模様付けがされて仕上げに至ります。

外壁の塗り替えを行う場合、新たなテクスチャーを付けるか、既存のテクスチャーを生かしつつ色調を変える方法が考えられます。どちらの方法を採用するとしても、イメージ通りの仕上がりにするにはテスト塗りをするのがオススメです。テスト塗りの結果を見て吹き付ける条件を決めましょう。

仕上げの方法にはさまざまな種類がありますが、以下に代表的な仕上げ方法を紹介していきますので参考にしてください。

外壁塗装 三島市、小山市、御殿場市、長泉市、函南市、裾野市、沼津市

  • 沼津市 三島市 御殿場市 裾野市 長泉町 清水町 函南町 小山町 外壁塗装

サイト管理人:鈴木 かつあき

こんにちは。サイト管理人の鈴木かつあきです。 外壁塗装についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@vetsworld.jp
  • サイト管理人

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。